カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常

カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。

反乱を抑えて国を統治していくゲーム Rebel Inc.

こんにちは。

 

コロナ禍(か)と言う漢字を、違うなあと思いつつ

コロナ渦(うず)と読んでいたかいちくんです。

 

新型コロナウイルスの影響で、外出自粛が呼び掛けられていますよね。

そのため、仕事以外では家にいることになるわけなんですが

ずっと家にいると、暇になってくるんですよね。

基本的にネットサーフィンするか、YouTube 見るかぐらいで

時間を潰せると言えば潰せるんですが、

段々と飽きてきたりするんですよね。

そうなってくると、手を出すことになるのが

 

今週のお題 の「ゲーム」 です。

 

blog.kaichi-diary.com

blog.kaichi-diary.com

blog.kaichi-diary.com

 

今回、ご紹介するスマホのゲームアプリが

Rebel Inc. - 反逆の株式会社- です。

 

play.google.com

 

Rebel Inc. -反逆の株式会社-

Rebel Inc. -反逆の株式会社-

  • Ndemic Creations
  • ゲーム
  • ¥250

apps.apple.com

 

ウイルスで人類を滅ぼすゲームとして、話題になった

Plague Inc. - 伝染病株式会社-  を作った会社が出したゲームです。

 

play.google.com

 

Plague Inc. -伝染病株式会社-

Plague Inc. -伝染病株式会社-

  • Ndemic Creations
  • ゲーム
  • ¥120

apps.apple.com

 

戦争が終わったとある都市がゲームの舞台です。

戦争の影響で、都市は壊滅的な被害を受けました。

この状況から立て直して、復興させなければなりません。

そこで、国から任命を受けて統治者となったのが主人公です。

主人公には、いくつかのステータスがありますが、

最初は公務員しか選択出来ません。

ゲームをクリアしていくと増えていきます。

アドバイザーとして、アシスタント役を添えることも出来ますが、

同様に、最初は誰もアドバイザーを付けることは出来ません。

 

そんな状況からゲームは始まります。

初期に支給された資金と、

ゲームを進行していくと自動的に貰える資金を使って、

民間の事業や、政府の事業などを行って、

国として復興させていかなければいけません。

民間の事業などを行っていくと、次第に支援者が増えていき

支援者から資金を援助してもらうことが出来ます。

最終的に、支援者を全部のエリアに広げて、

国の安定度を100%にすれば、ゲームはクリアです。

 

ですが、そう簡単にクリアさせてはくれません。

国を統治すると言うのは難しいのです。

まず、民間の事業や政府の事業などを行うと

インフレになります。

すれば、するほどインフレになります。

インフレになると、必要となる資金がどんどん増えてしまいます。

なので、一気にやらずに少しずつバランスを見てやっていく必要があります。

 

また、同時に汚職が増えます。

事業をやればやるほど、汚職が増えます。

事業をやらなくても、時間が経つと汚職が増えます。

自動的に。

そう言う世界です。

汚職が増えると、支援が滞ってしまいます。

適宣、汚職防止の処置を取らないといけません。

それをするにも資金が要ります。

やればやるほど、資金が必要です。

汚職が増えると、評価が下がります。

国の統治者としての評価です。

これが0以下になると、ゲームオーバーです。

 

そして、ここからが本題です。

このゲームは反乱を抑えて国を統治していくゲームです。

そうです。

反乱軍が登場します。

どれだけ上手に統治していたとして、自動的に反乱軍が現れます。

反乱軍は神出鬼没です。

毎回、やるごとに現れる場所が変わります。

撃退しやすい場所に現れるか、撃退しにくい場所に現れるか。

ここが、運要素でもあります。

反乱軍は、ライバル国などから支援を受けています。

なので、段々と強くなっていきます。

なので、早いうちに殲滅させてしまいましょう。

自国軍と連合軍を編成して撃退させることが出来ます。

自国軍は、訓練に時間がかかります。

(訓練が終わらないと現場に投入出来ません)

連合軍は、訓練があっという間に終わります。

すぐに配備出来ます。

ただ、一定の期限が過ぎると撤退してしまいます。

期限を延長させることも出来ますが、

延長させると、評価が下がります。

連合軍は強いです。

自国軍は弱いです。

バランス良く、配備しましょう。

連合軍を無闇に同じエリアに配備し続けると、

エリア内から不満が高まり、支援が滞ります。

連合軍を無闇に動かし続けると、評価が下がります。

反乱軍の勢いが弱まれば、評価は上がりますが、

強まると評価は下がります。

それらの評価は自動的に継続します。

反乱軍の勢いが強いままだと評価は下がり続けます。

 

かといって、反乱軍の統治ばかりを行っていると、

支援が滞ってしまいます。

そうなると支援者が減り、貰える資金も減り、評価も下がります。

結果、反乱軍の勢いが強まります。

 

反乱軍を抑えきれていたとしても、油断は禁物です。

彼らは神出鬼没です。

いきなり、どこにでも現れます。

新たなる反乱軍がすぐにどこにでも湧いて出てきます。

戦況状態が悪くなると、すぐに他のエリアに逃げ出します。

逃げ道を封じて、殲滅しないといけません。

 

頭を使うわけです。

イベントもポツポツと湧いて出てきます。

どんなイベントがいつ出てくるか、それは毎回変わってきます。

イベントごとに、選択肢が提示されます。

どの選択肢を選ぶかで、評価や資金などが変化します。

支援が滞るかもしれませんし、支援が進むかも.しれません。

 

反乱軍と戦い続けていくと、反乱軍と交渉する機会に出会します。

上手くいけば、和平交渉に挑むことが出来ます。

(政府側と反乱軍側の双方の合意が必要)

和平交渉でも選択肢が提示されます。

どの選択肢を選ぶかで、進展度が変わります。

反乱軍側に妥協すれば、評価は下がりますし、

強気に出れば、進展度は下がります。

進展が悪くなると評価が下がります。

 

和平交渉が100%完了したら、合意を結ぶことが出来ます。

合意を結べば、自動的に国安定度が100%になり、

ゲームクリアとなります。

しかし、評価は下がります。

反乱軍への妥協度具合などによって、評価がうんと下がったりします。

評価が0以下になるのが先か、国安定度が100%になるのが先か。

どちらが先かで、クリア出来るかどうかが決まります。

 

主人公が変われば、特性も変わります。

初期の公務員では、特に何も問題ありませんが、

主人公によって、取る戦略を変えないと

上手くクリアすることが出来なかったりします。

 

プレイする都市もゲームをクリアするごとに増えてきます。

それぞれ都市ごとに特性があります。

それぞれで戦略を変えないと、上手くクリア出来ません。

 

操作自体は難しくないんです。

簡単です。

でも、頭を使います。

ゲームの難易度が上がると、運要素も出てきます。

 

まあ、取り敢えずやってみてください。

やれば分かります。

このゲームの面白さが。

気付いた時には、もうハマっているはずです。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved