カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常

カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。

当サイトのプライバシーポリシーについて
https://solitude-diary.hatenablog.com/entry/2018/05/25/151514

お問合せはこちら
https://forms.gle/p5tNaaAavAQEcf8e8

一般人未踏の地である入らずの森に行ってきた

こんにちは。

 

クリスマスが今年も終わってた。

令和初のクリスマスなのに。

今までは、ケーキとかチキンとか食べてたのに。

今年はまだ食べれてないまま。

 

クリスマスぼっちだとか、性の6時間だとか騒いでいたりしていますが、

皆さん、大事なことを忘れていませんか?

クリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝うお祭りです。

ケーキとか、チキンとかを食べて、お祝いする日なんだ。

それくらい、ぼっちでも出来るでしょ?

1年に一度、頑張った自分にご褒美として。

みんな、悪に取り憑かれてません?

リア充と言う悪に。

一度、綺麗さっぱりと身を浄めましょうよ。

 

と言うことで、石川県の羽咋市にある氣多大社に行ってきました。

氣多大社では、2019年の12月限りでとある神事を執り行っています。

それが、氣の葉祭りです。

keta.jp

 

 

 

 

 

 

 

氣多大社には、入らずの森と言う場所があります。

この名の通り、一般人は立ち入り禁止の場所なんです。

年に一度だけ、(大晦日宮司さんが神事のためにしか入れません。

そんな聖域です。

 

それが、今年の12月限りで一般人でも立ち入れることになりました。

天皇陛下即位の記念として。

 

 

 

 

 

 

 

 

と言うのは表向きの話でして、

本当は森の状態が悪化してきたと言う理由もあります。

 

この機会を逃したら、次はあるでしょうか?

行くしかないですね。

と言っても、気軽に行くのはNGです。

正装(男性はスーツ、女性はフォーマルかスーツ)でないと、

入れません。

だって、聖域ですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JR七尾線羽咋駅から路線バスに乗り、一ノ宮で降りましょう。

列車・バスの本数が少ないので、

行く前に時刻表を確認しておいてください。

一ノ宮のバス停から徒歩で少し歩くと到着です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入って前にあるのが本殿です。

左手にテントが見えます。

そこが待機場所です。

まずは、テントの右にある建物の中に入り、

氣の葉祭りの参加申込みをしましょう。

書類に名前とかを書いて、お金を3000円払います。

すると、これらがもらえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、この黄色のやつを首に掛けます。

これが、祭りの参加者の証です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

氣の葉祭りは1時間に1回ずつ行われます。

 

時間が来たら、宮司さんに従って本殿へと上がります。

そこで、神事が執り行われます。

聖域に一般人が入るわけですから。

きちんと身を浄めてからではないと立ち入れません。

途中で、参加者の本名と大まかな住所が読み上げられたりします。

つまり、それだけ聖域と言うことですね。

今からどこそこの誰々が立ち入ることになるから、

どうかよろしくお願い申し上げます。

と仏様に事前にアポを取る必要があるわけです。

平日の昼間でしたが、80人近くいました。

遠いところからお越しの方もいましたから、お疲れ様です。

 

中二病患者のかいちくんにとっては、最高のテンションです。

神事に参加したのが恐らく初めてですしね。

厳粛な雰囲気がたまりません。

 

そんなかいちくんに悲劇が舞い降ります。

LINEが攻撃してきたんです。

誰かのスマホから "ライン" と言う音が出たわけです。

バイブレーションの音とか、BGMとかなら百歩譲っていいとします。

本当は良くないけど。

"ライン"ってなんですか。"ライン"って。

雰囲気ぶち壊しもいいとこですよ。

しかも、それが1度ではなく複数回です。

もう、いい加減にしてほしい。

テンションのハイパーデフレスパイラルですよ。

 

神事が終わったら、いよいよ突入です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今から入るのは、聖域です。

なので、下手に変なものが入ったりしないように

地面の上に藁のようなものを敷いたりしてカバーしています。

(この下にさらにビニールを敷いてカバーしています。)

(上記の階段のところはビニールは敷いていません)

それだけ、慎重に気を遣っています。

 

突撃します。

一度に入らずの森に入れるのは4人だけ。

順番が来るのを待ちましょう。

ここからは撮影禁止の場所です。

3枚目、4枚目の写真は入らずの森ではなく、

氣多大社のエリアにある森っぽいゾーンです。

入らずの森もこんな感じです。

 

と言うことですから、実際に入りましたが、

特に普通の森と何が違うかは一見では分かりませんでした。

じっくりと観察出来る時間的な余裕はなかったです。

2礼2拍手1礼したら、

さっさと出ていかないといけないですからね。

 

ただ、厳粛な雰囲気は神事で感じることが出来ました。

空気も新鮮でしたし。

十分に邪気は払えたと思います。

十分に身を浄めることが出来たはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

羽咋市は、UFOのまちとしても知られています。

こう言うのが好きな人にとっては、いいところだと思うんだ。

皆さんも、良かったらお越しください。

もしかしたら、何か秘められたパワーを感じられるかもしれません。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved