カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常

カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。

当サイトのプライバシーポリシーについて
https://solitude-diary.hatenablog.com/entry/2018/05/25/151514

お問合せはこちら
https://forms.gle/p5tNaaAavAQEcf8e8

綺麗に咲き誇ったOnly one という花 

こんにちは。

💣💥

 

突然の爆発、失礼しました。

僕の妹(以下、イモトと現します。)のことを話そうとしたら、

突然爆発してしまいました。

誠に申し訳ありません。

 

以前に軽くお話しましたが、

イモトが婚約することになりました。

相手は石崎Dではありません。

相手は、堀◯さん(以下、ホリエモンと現します)

 

ブレグジットと同じように、来年の1月から移行期間に入ります。

移行します。

イモトの所属先が僕の家からホリエモンの家へと移籍します。

ホリエモンは、兼六園のそばにある花屋さんに勤めているとのこと。

同じように、兼六園のそばにある新築の家を購入したそうです。

イモトは来年の1月にそこに移籍します。

地価を調べてみると、約30万ほどですかね?

僕の地域は約10万です。

ちなみに、金沢駅周辺になると約100万近くになります。

ぼちぼち儲かってはるなあーってところでしょうか?

 

そんなホリエモンは、僕よりも1個年上です。

俗にいう昭和63年世代ですね。

 

昨日の夜のことです。

2019年12月16日です。

ホリエモンが僕んちにやって来ました。

婚約したというのを正式に僕の両親に報告する為です。

実は、これが初めてではないんです。

前に1回会ってます。

お付き合いの報告として。

でも、その時に僕は家にはいませんでした。

つまり、僕がホリエモンに会うのは今回が初めて。

イモトから会ってくれと頼まれたので。

 

鶴瓶さんの家族に乾杯をやっている時でした。

ホリエモンが僕んちに御到着しました。

居間で、コタツに入って準備万端です。

僕の父もそばにいます。

イモトと僕の母にお出迎えされながら、居間に入って来ます。

そこを父と二人で迎え撃ちます。

ホリエモンが入って来ました。

父と母に挨拶をしています。

スーツを来てますね。

見た感じ、どこかの営業マンです。

それとも、転職の面接にでも来た感じでしょうか?

 

まだホリエモンの視線の中に、僕は入っていないようです。

スマホを触って様子を伺います。

と言っても、すぐに存在はバレます。

居間は8畳ぐらいしかない広さですし。

彼の真正面にいますからね。

 

彼が挨拶をして来ました。

なんかちょっと見たことがありそうな顔ですが、

誰だか分かりません。

もちろん、ホリエモンに会うのはこれが初めてですが。

 

父が僕に撤退命令を出したので、ここで御暇させて頂きます。

あっ、はい。邪魔者を追い出したわけではないです。

父はホリエモンが僕んちに到着する前から、

何度か、僕が一緒の場に居て大丈夫か?って心配してました。

ホリエモンの居心地が悪くならないかって。

変に気を遣うかもしれないってことです。

ダチがいる前だと告白しにくい感じということですね。

なんで、僕も気を遣って御暇させて頂きました。

なにより、僕も居心地悪いんで。

 

しばらく話をした後、ホリエモンは帰っていきました。

ホリエモンが帰る間際にイモトが僕を呼び出して、

一緒にお見送りしました。

ホリエモンは僕の姿を見ると、またねの挨拶をして帰っていきました。

 

ホリエモンが帰った後、

"どうだった?イケてた?"

とイモトが僕に聞いて来ました。

うーん。と誤魔化しました。

だって、初対面でちょっと軽く挨拶を交わしただけで、

その人を評価しろって無理がありません?

情報が少なすぎますって。

 

イモトはいいます。

"青木に似てるやろ?" と。

父も賛同します。

"初めて会った時からビビッと来た" といいます。

 

そうです。

イモトはヤクルトスワローズの青木選手が大好きなんです。

彼のファンなんです。

高校生の頃ぐらいからそうでした。

 

"だけど、誰にもそんなこと言われたことないって言うんや" 

とイモトはいいます。

本当に似てるか?

確認してみます。

青木選手がこちら。

npb.jp

 

 

 

 

 

 

僕が感じた似てそうな顔がこちら。

npb.jp

 

 

 

 

 

 

 

どうですか?

違うタイプじゃないですか?

これ、同じ部類に入ります?

 

ちなみに、イモトはこんな感じ。

matome.naver.jp

 

 

 

 

 

 

イモトはバレーボールが好きなんです。

小学生の時、やってましたし。

なんで、近そうな選手をピックアップしました。

 

イモトはいいます。

"家(ホリエモンとの家)にヤクルトのスペースを作るつもりなんや。

 何回も一緒に神宮に試合を見に行ってるし、グッズもたくさん持っとる。"

 

ヤクルトの試合を何回か見に行ってたりしてたけど、

ホリエモンと一緒に見に行っていたのね。

憧れの青木選手と擬似デート出来たなら、

それはイモトにとって凄く幸せなことなんでしょうね。

ホリエモンもヤクルトのファンらしい。

父も今はそうらしい。

 

そうなると、悩みどころですね。

僕もヤクルトスワローズのファンになるかどうか。

www.yakult-swallows.co.jp

 

 

 

 

 

 

ライト会員で年間¥2600。

レギュラー会員だと、年間¥3600。

こんなもんなんでしょうけど、どうしようか悩みますね。

スワローズ自体には、あんまり興味ないし。

奥川君は好きだし、応援するけど。

ツエーゲンのファンクラブにもまだ入ってませんし。

今後の課題ですね。

 

ところで、挙式はどうなるんかな?

まだ、話は聞いてないけど。

やるとは思うけど、ホリエモンの仕事が今は忙しいらしい。

いつになるかな?

タイミングを見計ってデジタル一眼レフカメラを買うつもりなんだ。

ずっと、憧れてたんだ。

大金になるから、最後の一押しになるいい機会だからね。

来年には買うつもりでいる。

 

他にも、イモトが僕んちを離れることによって

発生したプロジェクトがあります。

それは、また後日ご報告致します。

 

来年の1月には、イモトが僕んちから卒業します。

今まで、特に会話したりしたことはないけど、

いなくなるとなんか寂しいね。

何も変わらない日々が続くとは思うけど。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved