カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常

カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。

ノイズキャンセリング機能が付いた AirPods Pro がやってきた

こんにちは。

ハッピーハロウィン。

今日は、ハロウィーンですね。

 

トリックオアトリート

 

ごめん。お菓子ないです。

 

それじゃ、いたずらするぞ。

 

その後、特に何も変わったことはなかったんですよ。

と思っていたら、ありました。

身に覚えのないものが届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい。ということで、本日届きました。

2019年10月30日に発売開始となった

新しい AirPodsAirPods Pro です。

 

噂の段階で、もう買うって決めちゃいましたからね。

値段見ずに、そのまま購入しちゃいました。

Apple の製品を、公式サイトから発売してすぐに

購入したのは今回が初めて。

それだけ、この AirPods Pro っていいんですよ。

 

僕は今、AirPods の第1世代を持っているんですが、

あんまり使っていないんです。

街中で使うことがほとんどなんですが、

音量をある程度上げないと、音楽が十分に聞き取れないです。

走行中の電車の中で聞こうと思ったら、

大音量にしないといけません。

それで、なんとか聞こえる感じ。

でも、走行音とかが入り込んできますし、

大音量で聞くと、耳が痛くなるんです。

ですから、快適に使える状態ではなかったんです。

なので、家の中かホテルの中ぐらいでしか使ってません。

代わりに有線のイヤホンを使っています。

線が絡んだりするのが面倒くさいんですが、

バッテリーを気にせずにずっと聞き続けられますし、

電車の中以外だと、そこまで大音量にしなくても聞こえますし。

何よりも、音漏れを気にしないで済むんです。

AirPods だとどうしても、周りに音漏れしているんじゃないかって

街中で安心して使えなかったんですよ。

 

AirPods Pro ならば、それらの問題から解放されます。

ノイズキャンセリング機能がついてますし、

カナル型で、イヤーピースが付いています。

ですから音漏れも気にならないですし、

周りからの騒音の影響を大幅に抑えることが出来ます。

 

最初に付いているイヤーピースが Mサイズのやつです。

付属されているのが、Sサイズと Lサイズです。

少し力を入れて、引っ張って取ればイヤーパッドが外れます。

 

充電ケーブルは、USB C to Lightning ケーブルです。

充電器は付属してません。

ケースは、ワイヤレス充電に対応しています。

 

それでは、AirPods 第1世代と比べてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横長のケースが、AirPods Pro です。

 AirPods 第1世代のケースを横向きに変えると、

AirPods Pro のケースと似たようなサイズになります。

(それでも、AirPods Pro の方が大きいです。)

 

イヤーピースのありなしで、

AirPods 自体のサイズも違っています。

軸の長さも AirPods Pro の方が短くなっています。

センサーの位置も変っていますし、

軸の底にあった穴もなくなっています。

見た目も違うところばかりということです。

 

では、実際に AirPods Pro を使ってみましょう。

ケースを開けば、自動的に iPhone に表示される

接続というのをタップするだけです。

 

実際に耳に付けたら、

iPhone の設定から Bluetooth をタップして、

AirPods Pro をタップします。

そこから、イヤーチップ装着状態テストをやってみましょう。

密閉されていますと表示されれば、正常です。

違うメッセージが表示されれば、

イヤーピースのサイズが合っていないということです。

違うサイズのイヤーピースに交換しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、ノイズキャンセリング機能を早速試してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コントロールセンターを開き、

Air Pods Pro のマークのやつをタップします。(写真の右側)

ここで、ノイズキャンセリング機能のオンオフを切り替え出来ます。

外部音取り込みにすると、

外部からの音が全て聞こえるようになります。

 

部屋の換気扇を回して、音楽を聴いてみました。

音楽を流す前に、AirPods Pro を装着したとたんに

違いが分かります。

(最初の状態はノイズキャンセリング機能がオンになっています。)

無音状態になったんです。

何も聞こえません。

音楽を流します。(音量は最小の状態です。)

快適です。

邪魔する騒音は何もありません。

ノイズキャンセリング機能をオフにします。

換気扇の音が聞こえてきました。

外部音取り込みにします。

その他の騒音まで入ってきました。

 

もう。感動です。

こんなにも違うんだ。

ノイズキャンセリング機能って。

初めて体感しました。

ノイズキャンセリング機能いいって聞いたことはありますが、

やっぱり、そうだったんですね。

これは、凄い。

ノイズキャンセリング機能最高です。

 

今度、電車の中でも試してみます。

どこまで、騒音を軽減出来るかな?

 

皆さんも、ぜひ AirPods Pro で

ノイズキャンセリング機能を体感してみてください。

もう、ノイズキャンセリング機能なしの AirPods には戻れない。  

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved