カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常

カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。

当サイトのプライバシーポリシーについて
https://solitude-diary.hatenablog.com/entry/2018/05/25/151514

お問合せはこちら
https://forms.gle/p5tNaaAavAQEcf8e8

どうか愛してやってください

こんにちは。

 

9月も終わりに差し掛かりましたね。

このところ、ブログのネタは溜まってきているのに

ブログを書く時間がなかなかなくて。

書こうと思った時に時間がなくて、

時間がある時に限ってネタがなかったり。

そんな感じじゃないですか?

こんなんだと萎えてしまうよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛が欲しいですよね。

新しい iPhone は来年買いますけど。

 

ということで、今回はこちら。

anond.hatelabo.jp

 

 

 

 

 

 

 

僕の Twitter のタイムラインにもたまに、全然評価されないとかっていう

底辺絵師の嘆きのツイートなどが回ってくるんですよ。

 

自分が描きたい絵を描いても全然反応なくて。

神絵師は、何気ないツイートだけでもたくさんのいいねとかがついてて。

頭の中のイメージを絵にしようとしても自分の画力じゃ無理で。

などといった感じです。

 

ブログ界隈でも良くありますよね。

ブログ始めたけど、全然アクセス数が伸びない。

スターやブックマークが一つもつかない。

全然収益がない。

とか。

 

”You は何のためにそれをやっているの?”

 

親指姫が "旅っていいね"  って踊っているのをみると、

心が躍りたくなる気持ちは良く分かります。

メロディーが頭に残りますよね。

でも、いいね以外じゃダメなんですか?

承認欲求のためだけにやっているのって辛くない?

 

忙しかったりして、毎日更新を止めた  YouTuber とかいますよね。

量より質を重視したいって。

その方が再生数も増えるってヒカキンさんが言ってましたよね。

 

ブログもそうです。

質より量で毎日更新している初心者の方とかいますけど、

ある程度経って来ると、量より質に転換した方がいいって言いますよね。

そうしないと、読者が定着しないって。

 

僕も最近はこのブログのアクセス数の話はしていないですよね。

もう放置していても、月間PV1000を超えちゃうレベルなんで、

アクセス数なんか気にしなくなっているんですよ。

Google さんのおかげで毎日ある程度安定してアクセス数があるので。

 

 

YouTuber とかブロガーって見てくれる方がいてなんぼの世界。

そうしないと、収益が成り立たないから。

でも、最初に取り上げた絵師さんとか同人活動の話は別ではないでしょうか?

趣味でやっているわけで、別に収益を目的にやっているわけではないんですよね?

このブログのように。

 

見てくれる人がいるならいるでありがたいけど、

別に誰かに見せる目的でやっているわけではなかったり。

(100%そうとは言ってない。)

 

”書きたいから書いている。”

それが根底にあるんですよ。

 

特に目的とかあるわけじゃなくても、スマホゲームのガチャを回したりしてません?

 

Don't Think, feel なんですよ。

 

特に考えたりしないで、適当に書いているので、

後で読み返してみると自分のブログでも新鮮に感じたり、

黒歴史に感じたりするわけです。

でも、そういうのが醍醐味じゃありません?

そのために今もブログを書いていると言ってもいいくらい。

 

始まりを思い出してみてください。

あなたが創作活動・同人活動を始めたきっかけを。

やりたいって思ったからではないでしょうか?

 

でも、ネットの海にいざ飛び込んで見ると

残酷な現実を思い知らされたりもするわけで。

やめたくなったりしますよね。

でも、やめたら今までのデータが全て消えてしまうよね。

それって、もったいなくない?

 

"絵が描けないから小説書いてます。”

別に始まりがそれでもいいじゃない。

やっている内にその魅力が分かったりもするから。

でもだからといって、絵なんかくそとか思うのは良くないよね。

 

最後にこの言葉を置いておきます。

”どうか愛してやってください”

もがいてももがいても、不幸になっていく。

そんな状態だと憎みたくなるのも分かる。

それでも、自分の心の声に気付いていませんか?

本当は、愛しているんだって。

ここが好きなんだって。ここが自分の居場所なんだって。

お願いします。

愛してやってください。

 

って金八先生が言ってたよ。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved