カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常

カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。

勝利至上主義はもう止めよう

こんにちは。

 

東京オリンピック2020まで後1年となりましたね。

皆さんは、現地へ観戦しに行く派ですか?

僕は、現地観戦派です。

渋滞の問題とか課題はまだまだ多いですが、

なんとかなるといいですね。

 

 

 

夏の全国高校野球都道府県の大会が

各地で行われています。

我が石川県では、順当に星稜高校がベスト4に

進出しています。

そんな中、岩手県では決勝戦

本日行われました。

常連校の花巻東高校と

令和の怪物こと佐々木投手がいる 大船渡高校

が甲子園への切符をかけて激闘しました。

その試合で大船渡高校は、

佐々木投手の登板を取り止めたのです。

故障するのではと心配だったとのこと。

チームメイト全員から佐々木投手の将来性を

守りたいとの要請もあり、

監督が決断したとのことです。

 

この件について、僕ら外野があれこれ言うのは

間違いですが、皆さんはどう思いますか?

僕は英断だと思いますし、

この考え方を支持します。

 

選手には、選手生命というのがあります。

終わりがいつどのように来るのかは

誰にも分かりません。

いつかは必ず訪れるその時。

出来れば、悔いのない終わり方が

いいですよね。

特に、学生ならば教育という面も

考えなければいけません。

当たって砕けろの玉砕精神。

告ってフラれるぐらいなら美談に出来るけど、

勝負の世界で、 “玉砕した。”

“カッコ良かったね。”

で、終わらせていい話ではないはずです。

将来性のチャンスを失ったという

マイナスの面から目を背けて

いいのでしょうか?

 

気付いた時には、ハンカチ王子

マー君みたいな差が生まれているかも

しれないですよ。

今ではもうどうやってもその差を

埋めることは出来ないんです。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved