カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常

カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。

相手を本気で怒らす怖さ

こんにちは。

 

世の中にはいろんな性格の人がいる。

短気な人、温厚な人、皆さんはどんなタイプだろうか?

 

普段、大人しい人ほど怒らすと怖いとか言いますよね。

 

僕が、中学2年生の頃。

とある男の子が僕にちょっかいを出してきた。

いつも、何も話さないやつである。

例え、授業で先生に当てられても。

一時、"あいつが喋った夢を見た" と言うのが、

クラスの男子の間でちょっとしたブームになった時があった。

それだけ、何も話さないやつだった。

学校にいる間中、ずっとである。

彼の声を聞いたことがあるやつは誰もいなかった。

なぜ、一言も話さないのか。僕ら男子の間では、謎だった。

体育の授業にだけ、なぜか出ないことも。

 

そんな彼がいつからか僕にちょっかいを出すようになった。

黙ったまま、手で軽い攻撃を仕掛けてくるのだ。

と言っても、別に叩いたりするわけではない。

ただ、両手をブラブラしたりしながら僕の領土や領空を侵犯してくるのだ。

来る日も来る日も何度も何度も。

特に実害があったわけではないけど、

流石に少しイラっとしてきたので、

椅子から立ち上がり、威嚇して手で追い払おうとした。

彼は全力で逃げた。

その様子を見ていたクラスの皆は、大人しいあいつがキレた。

と口々に言ったのである。

 

僕の過去話をしたかったわけではない。

怒らせたら、怖いという話。

そう。アメリカのことである。

貿易問題などで米中の対立が激化している。

そのうちの一つが、ファーウェイの問題である。

アメリカの企業に対して、ファーウェイと取引しないように

と言う大統領令を出した。

それの影響が広がっている。

国内で販売予定だった P30シリーズのスマートフォンは全て発売延期になるし、

Google さんはOSのアップデートなどを止めるみたいだし、

CPUを作ったりしている ARM さんとも取引が中止となった。

 

この最後の ARM との取引中止が特にでかい。

スマートフォンを動かす上で必要不可欠な部品がCPU。

CPUが調達出来なくなると、スマートフォンが作れなくなるのだ。

しかも、ARM は関連の特許も持っている。

だから、ARM の許可なく CPU を作れない。

強行して作ったところで、

中国国外で発売しようとしたら特許侵害で訴えられたりするだろう。

そして、販売を差し止めされてしまうだろう。

つまり、八方塞がりの状態。

 

こんな状況になっては、まともに商売出来なくなるのだ。

中国国外では。

もう、ファーウェイ(中国側)が折れるしかないんだろうな。

でも、お互いが易々と折れはしないだろう。

それが出来たならこんな状況にならないわけだし。

どこまで行くのかな?

焼け野原となっても、お互いが損しかしないのに。

 

今の状況はもう戦争だと言っていいだろう。

経済戦争である。

経済戦争の果てを僕らは目撃することになるんだろうな。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved