カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常

カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。

当サイトのプライバシーポリシーについて
https://solitude-diary.hatenablog.com/entry/2018/05/25/151514

お問合せはこちら
https://forms.gle/p5tNaaAavAQEcf8e8

継続か刷新かの運命の2択

こんにちは。

 

統一地方選2019の後半戦が佳境に入っている。

投票日は、2019年4月21日。

審判の日は近づいている。

 

solitude-diary.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

上記に書いたように、 僕が住んでいる石川県能美郡川北町

町長選挙が24年ぶりに今、行われている。

現職の前町長に新人の中村候補が挑むかたちになっている。

川北町の町長は長らく西田耕豊さんがやっていた。

1983年から2011年までやっていた。

そんな彼が亡くなられてから、副町長だった前哲雄さんが町長に就いた。

そして、今となる。

24年前に選挙をして以来、ずっと無投票当選が続いていた。

 

なぜ、中村候補は立候補をしたのか?

どんな政策をするのかなどを新聞などで拝見させてもらった。

 

それらを参考にして、僕は期日前投票をした。

現在の町政の維持か、それとも刷新か。

その審判がいよいよ下される。

どのような結果になるのか非常に気になる。

 

今まで選挙カーが町内を走ることは何度もあった。

そんな今までの衆議院選挙とかとは違う。

それらの時では、走らないような集落の路地裏まで選挙カーが走っていた。

それだけでも、今回の選挙はやっぱり特別なんだなあと実感した。

少し前に、川北町の議会選が行われることになったが、

その時は、選挙を本当にやってるの?というほど静かだった。

その時とはもう打って変わっての騒がしさ。

だって、町の未来を決める重大な選挙なのだから。

両候補ともなりふり構わない状態で戦っている。

”油断をした方が負ける” と言ったそうだ。

その通りだろう。

最後までどちらが勝つか分からない。

どちらが勝っても、良い未来が来ることを祈っている。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved