カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常

カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。

安定した強さ

こんにちは。

 

本日から平成最後の

春の全国選抜高校野球大会が始まった。

今回で91回目となる。

 

本日の第3試合に我らが星稜高校が登場した。

相手は大阪府代表の履正社高校だ。

 

大会が始まる前に行われた食事の席で履正社

星稜のキャプテンが相席になったそうだ。

その時点から運命は決まっていたというわけだ。

 

大会が始まる前にアンケートで

優勝校を尋ねたところ、

星稜高校が圧倒的に票を集めて

1位だったそうだ。

 

ただそういったデータがあっても、

そんな実感はなかった。

星稜高校がそんな大層な存在なわけがない

そういった思い込みが未だにある。

 

でも、最近の星稜高校は以前と

別次元の強さになっているという

事実は知っているし、実感している。

 

結果から先に言うと 3 対 0 で勝利した。

奥川投手が17奪三振を記録した。

フォアボールも1回だけで、

被安打も数本に抑えた。

どこからどう見ても完璧な勝利だ。

 

守備の面ではちょっと危なっかしい

場面もあった。

そこはいつも通りの星稜だった。

 

サッカーの日本代表と同じようだ。

気を抜いていたら、

守備で危なっかしい場面になってヒヤヒヤする。

いつも通りの守備の弱さ。

だから、最後まで気を抜けない。

テレビの前にずっと釘付けになってしまう。

 

でも、そんな不安をあっという間に

打ち消してくれるのが今の星稜高校だ。

圧倒的な奥川投手の強さ。

あっという間に得点出来る強力な打線。

それらがあるから、安心して見ていられる。

失点してしまっても、次で取り返せばいいや。

それをやってくれるから安心して勝利を信じれる。

そんな今の星稜高校がとても好きだ。

以前の記事にも書いたが、

高校野球ってこんなにも面白いんだと

教えてくれたのだ。

虜にしてくれたのだ。

この恩は返せないけど、

精一杯応援することで少しは返せるだろう。

 

目指せ優勝とは言わない。

現実はそんなに甘くないことを知っているから。

もう一度行こうよ。

全国ベスト8という高台へ。

そして、まだ見ぬその先へ。

 

平成最後の物語を最高の形で終わらせようよ。

 

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved