カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常

カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。

変化する時が着々と押し寄せてくる

こんにちは。

 

歴史的な瞬間が刻一刻と近づいている。

 

2019年2月24日、天皇陛下在位30年記念式典が行われた。

 

 にゃんにゃんにゃんの日、皇太子殿下の誕生日と続いて在位30周年である。

 まだ4月末まで期間が空いていると思っていても、

あっという間にその時は来るんだろう。

平成が終わってしまう。

思い入れがあるのかって言われると特にあるわけでもないのに、

寂しさがこみ上げてくるんだ。

不思議だね。

天皇陛下のお姿を拝見出来るのは後何回だろうな。

後は、退位の儀式の時の1回かもしれない。

 

そういう感情がこみ上げて来るから、この式典は興味があった。

今までにもあったこと自体知らなかったのに。

特に、天皇陛下が作詞、皇后様が作曲したという曲がとても気になっていた。

式典を見に行きたいと思った。

でも、調べてみたら行けるものじゃなかった。当たり前だよね。

テレビで中継したようだけど、当日は仕事だった。

そんな状態だったから、このツイートを見た時は凄く嬉しかった。

NHKさんが仕事してくれて本当に助かりました。ありがとうございます。

 

まあ、仕事中でもテレビからの音声を聞けていたんだけどね。

映像で改めて見て改めて感じる三浦大知さんの歌唱力の良さ。

とても良かった。

最初に聞いた時は歌詞がまったく頭に入って来なかったけど、

新聞とかで意味を知ることが出来ました。

2つの句からなっている歌なんだね。

テレビでの解説とかを見てちょっと感動しちゃった。

天皇皇后両陛下が国民目線で歩まれてきたんだなって改めて感じた。

 

折角だから、僕らもお返ししたいと思わない?

お祝いの記帳が県庁で今日までやっているとのことだったので、

県庁まで行ってきました。

 

記帳?なにそれ?何書けばいいの?ってなるかもしれない。

でも、大丈夫。

ただ、住所と名前を書くだけ。

だから、誰でも出来る。

感謝の気持ち、お祝いの気持ちを伝えて来た。

 

ついでに、別のところにもよってきた。

www.mlit.go.jp

 

 

 

 

 

 

無料で貰える限定の記念品だ。

この機会、逃がすわけにいかない。

5月末まで配布しているので、皆さんも収集してみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上が限定版、下が通常版だ。

皆さんも記念にいかがでしょうか。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved