カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常

カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。

Pixel 3 で留守番電話(伝言メモ)を設定する方法

こんにちは。

 

ドコモ版の Pixel 3 XL  を使い始めて約2週間が経ちました。

今のところは特に不満がありません。

まだ約2週間しか使ってませんが、いろんな面でこれいいねと実感しています。

 

ドコモ版の Pixel ではドコモメールとかが利用出来ないことは事前に調べていました。

 

solitude-diary.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

なので、その面では特に問題はありませんでした。

 

しかし、別の面で問題が出てきました。

それが、留守番電話です。

今まではドコモの Android 端末を使っていたので、

特に設定もせずに留守番電話機能を使っていたわけです。

Pixel 3 XL を使っていたある日、気付いたんです。

Pixel 3 で留守番電話の設定をするのを忘れていたのです。

今までのように伝言メモの呼び出し時間を設定しようとしていたのですが、

設定からその設定が見当たりません。

調べてみて発覚したのです。

Pixel 3 では留守番電話機能が搭載されていないということを。

普段、電話がかかってくることはほとんどありません。

ですが、スマートフォンを手元に置いておくことも普段はありません。

なので、電話がかかってきても出れないことが多いです。

また、知らない番号からかかってきた場合は出ません。

そういう時に伝言メモを設定しておくと便利なのです。

 

なので、今までは約300円払ってドコモの留守番電話機能を使っていたわけです。

ですが、Pixel 3 ではそれが使えません。

auソフトバンクだと 使えるみたいなんですが、

ドコモだとドコモのアプリが必要になるので非対応となるわけです。

また MVNO でも留守番電話機能は提供されていないみたいですね。

 

そういった場合は、諦めるしかないのでしょうか?

大丈夫です。

ソースネクストが提供している スマート留守電というアプリがあります。

www.sourcenext.com

 

 

 

 

 

 

iOS でも、Android でも使えます。

 

留守電があったことをメールなどで通知してくれます。

伝言のメッセージを文字に変換して通知してくれますが、

変換の精度はかなり低いと思ってください。

使えるレベルではないです。

音声でそのまま聞けますのでそちらを利用してください。

伝言のメッセージは無制限でずっと保存されます。

伝言のメッセージを確認する時は料金は発生しません。

アプリから確認するだけです。

ただ、このアプリを利用するのに

iOS で月額360円、Android で 月額310円かかります。

それまで利用していたドコモなどの留守番電話機能はいらなくなるので、

解約しておきましょう。

 

最初に使う時は、電話の転送の設定が必要です。

アプリの案内に従って表示された番号に電話をかけましょう。

すぐに電話が切れます。

なんか知らない表示が出てきますが、設定はそれで終了です。

試しに固定電話などからかけて確かめてみてください。

 

デフォルトの状態では、20秒経つと電話が転送されて

伝言メモをとる状態になります。

この呼び出し時間を変更するのも案内に従って番号に電話をかけるだけです。

 

使い心地は悪くないです。

ただ、電話を転送するというメッセージが流れるので

それにびっくりして相手が電話を切ってしまう恐れもあるでしょうから、

どれだけ使えるかは未知数かもしれません。

そんな場合でもちゃんとメールでも

どこから着信があったことをちゃんと教えてくれます。

気になる方は一度お試しください。

それでは、また。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved