カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常

カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。

当サイトのプライバシーポリシーについて
https://solitude-diary.hatenablog.com/entry/2018/05/25/151514

お問合せはこちら
https://forms.gle/p5tNaaAavAQEcf8e8

C95初心者奮闘記 #21  戦利品を紹介する   part.2  @いくら御殿

こんにちは。

 

 

solitude-diary.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

前回に続いてC95の戦利品を紹介します。

今回ご紹介する品は、以前紹介した合同誌になります。

 

solitude-diary.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

僕のフォロワーさんに合同誌を購入したことを報告したら、

大変だろうけど、33人分の感想をまとめてでも書いてみるといい

と言われました。

それは、書けというふりですね?

仕方ない。

やろうではないか。

平成最後だから、特別に要望に答えましょう。

ちなみに、侖さんのやつは33人分売れたそうですよ。

タイガースは好きだけど、阪神とは関係ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが、噂の合同誌というやつです。

表紙から33名登場します。

前回も言いましたが、僕は艦これのかの字も知らないので

ご了承ください。

この表紙は えいむす さんの作品です。

左右対称みたな感じで描かれているのがいいですよね。

この二人仲がいいなあとこの表紙だけで伝わってきますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上の33名です。

この中に僕のフォロワーさんいるんで、探してみてください。

 

 1ページ目は、 かず さんのイラストです。

ナイスバディがすぐに目に飛び込んで来ますね。

恥ずかしがっているところもポイントです。

 

2ページ目は、 い教徒 さんのイラストです。

背景色が明るめでキャラクターが

立体ぽく見える感じがなかなかいいですね。

 

3ページ目は、 黒蜜きなこ餅(わさび風味) さんのイラストです。

差し込んで来ているのは朝日かな?

とても上手く表現されています。

キャラクターの表情も可愛いですね。

 

4ページ目は、 アルティ さんのイラストです。

薄暗さも相まって、木陰の様子がとてもいい味だしてます。

ポツン、プツンと差し込んできている光も映えてますね。

 

5ページ目は、 まかむ さんのイラストです。

他の方と同じ紙を使用しているはずなのに、

高級っぽく感じるのはなんでしょうね。

色も凄く綺麗に映っています。

 

6ページ目は、 ゆの字ゆすけ さんのイラストです。

ウインクの表情が二人とも素敵です。

こんな友達ほしいなと思います。

 

8ページ目からが本格的な中身となります。

漫画と小説、イラストの3つのコンテンツが入り乱れています。

 

8ページ目からは、 ミキキ さんの漫画です。

夕張さんがベッドから起きようとしたら

由良さんがそばで寝ていたのです。

起きたいけど、気まずくて起きれない。

由良さんがハッとして起きたけど、

いつ自分も起きたらいいのか分からない

という話です。

慌てている由良さんと困惑している夕張さんが

可愛く描かれています。

この後、結局どうなったんでしょうか?

 

12ページ目からは、 ゴシ田 さんの漫画です。

お手伝いっていう名目で一緒にいられる時間を作りたかった

というセリフ、僕も言われたいな。

言われた方も顔真っ赤になりました。

可愛い表情ですね。

 

16ページ目からは、 白犬 さんの漫画です。

二人の馴れ合いが愛おしいです。

最後のなくはないけどっていうのもいいですよね。

 

18ページ目は、 えいむす さんのイラストです。

少し暗めな絵ですが、すんなりと入ってきます。

線で上手く雨が表現されてます。

 

19ページ目からは、くろまる さんの漫画です。

仕事の休憩で付き合ってくれる人がいるっていいですよね。

そういうの憧れなくもないけど。

どうやったら、僕にも出来ますか?

 

22ページ目からは、 安田かつのり さんの漫画です。

ビジネスホテルに泊まることになるが、満室でここしか空いてないと。

仕方なく二人同じベッドで寝ることになる。

完全に確信犯ですね。

修学旅行の時でしか誰かと同じ部屋で寝たことない僕にとっては

別にそこまで羨ましくもないよ。

 

24ページ目からは、 ワクワク さんの漫画です。

主導権を握っていたつもりが、主導権を奪われてしまう。

予想外のエロ展開にテンパるが、予想外の結末が待っている。

こんなことされたら、もう惚れてまうやろー。

最後のさりげないNHK風の終わり方も嫌いじゃないよ。

 

30ページ目からは、 トリトル さんの小説です。

母校が廃校になったことも、自宅を引っ越したこともない。

でも、いざそういった場面になるといろんなことに想いを馳せるだろうな。

例え、今までとほとんど何も変わらないとしても

新天地に移るって寂しいよね。

二人の想いが忠実に表現されている。

まるで、目の前にいるのを見ているように。

二人とも幸あれ。

 

34ページ目からは、 万手観音 さんの漫画です。

最初のページが確かに独特だけど、

僕は飛ばさなかったよ。

こういう雰囲気のやつ好きだから。

と読み進めていたら、最後のやつなんですか。

これ本当に同じ人が描いたのか?

何度か確認したよ。

それだけ、最後の絵が最高です。

 

39ページ目からは、 ツキラ さんの漫画です。

最初のページにあるタイトルが独特に表現されています。

狭いコタツなのに無理やり隣に入り込んでくる。

最後には二人とも仲良くぐっすり寝てしまう。

そんな年越しも悪くないなと思いました。

どうしても、年越しの前に眠気が襲ってきますもんね。

 

47ページ目からは、 ShoyoFILMS さんの漫画です。

最初のコマの白い吐息の表現いいですね。

だけど、一言だけいいですか?

最初のページにタイトル欲しかった。

そうしなかった事情があるのは分かりますが、

やはり、最初のページにタイトルが入っていないと読者が混乱するので。

見開きの左右で作品が変わる場合は特にね。

前の作品の終わりのサインがなかったからさらに混乱した。

前の作品のEOFでもあるから最初のページに欲しかったな。

最後のページの技名いいですね。

勢いで押す感じ悪くないです。

ただ、そんなところを見られた暁には簡単には立ち直れないよね。

最後のでかい顔も個人的には好きです。

意図的に襲撃してきてるんじゃないかっていう疑念を持ってしまうよね。

悲劇が続いてしまうと。

 

50ページ目からは、 まかむ さんの漫画です。

見栄を張ってしまうことって誰しもありますよね。

でも、そんな時に限っていい結果出ないんだよね。

敗戦処理も上手くできなくて。

言い訳も普段は聞きたくないけど、可愛い言い訳ならいいかな

と思いました。

 

56ページ目からは、 じっこーさん の漫画です。

最後のツンデレいいですね。

僕もそんなことを言われるような "綺麗なもの" になりたいな。

 

60ページ目からは、 橙葵 さんの小説です。

恋をするってこういうことなんだね。

恋に落ちるとこんな感情になるんだね。

勉強になりました。

友達と恋人の違い。

それが少しだけ、分かった気がする。

両想いで良かったね。

末永くお幸せに。

 

64ページ目からは、 北川 さんの漫画です。

食べてる最中にいきなり腕を掴まれて一言言われる。

そんなことをしたら、僕だってムカつくだろう。

食べてるのを見ると食べたくなったりするけど、

やっていいことではなかったね。

でも、そんな君嫌いじゃないよ。

 

67ページ目からは、 虻 さんの漫画です。

そうだよね。

好きってセリフは気軽に言うようなセリフじゃない。

そんな軽々しい言葉じゃない。

ちょうどいいタイミングで離陸した飛行機さん。

MVPを差し上げます。

 

69ページ目からは、 でんたる さんの漫画です。

奇抜な発想が出来るっていいよね。

あと、ショートヘアーも悪くないと思うよ。

 

70ページ目からは、 黒胡椒 さんの漫画です。

そうだよね。

起こしてほしい時ってあるよね。

構ってほしい時ってあるよね。

でもそんなこと言えないし、言っても無視されるだけだし。

僕も一度くらいは可愛い子に起こして貰いたいかも。

 

74ページ目は、 餅月 さんのイラストです。

二人とも少し照れてる感じがいいですね。

 

75ページ目からは、 みそピーヌ さんの漫画です。

焼き芋を焼いているところ、焼き芋を食べているところ

と焼き芋の表現が凄くいい感じですね。

食べたくなっちゃう。

 

79ページ目は、綴 さんのイラストです。

キャラクターの色が白となっているのが、

独特な雰囲気を醸し出していています。

こういうのもありだなあと思います。

 

80ページ目からは、 出 さんの漫画です。

独特な4コマ漫画です。

こういうノリ好きですよ。

意味は良く分からないけど。

そこがいいんだよね。

 

82ページ目からは、 八代  有利 さんの小説です。

眠気が襲ってきて欲しくない時に限って襲ってくるよね。

だいぶやられかけていても、寝たくない。

気づいたら寝落ちしていた。そんな時ってあるよね。

どうやったら、勝てますか?

夜の独特な雰囲気。

僕は苦手だけど、こういうのを見ると悪くないと思ってしまう。

 

85ページ目は、ぐやもこたん さんのイラストです。

うっすらな笑顔いいね。

二人とも大人っぽいです。

絵の上部にメッセージがあるのはポイントが高いです。

 

86ページ目からは、 むろ さんの漫画です。

大家族っていうのに憧れている人いるよね。

いろいろと大変なところあるけど、悪くないよ。

僕の家も核家族化の波に逆らえなくなったけど、

離れ離れでも家族は一緒だからね。

 

90ページ目からは、 草壁レイ さんの漫画です。

食事って大切だよね。

食事を自分のために作ってくれるっていいよね。

そんな彼女がほしいな。

だけど、まずいのだけは勘弁してください。

 

94ページ目からは、 あづまなお さんの漫画です。

色にまつわるいろいろな小話。

僕も黒い服着たり、チェックの服を着てるオタクだけど

ちゃんとお風呂に入っているよ。

どの話もきちんとオチてて面白いです。

 

98ページ目からは、 こだち さんの漫画です。

好きって言われて頭がショートする娘も、

いきなりキスしてしまう娘もいいよね。

グチグチと自己否定ばかりしている人に

僕も言ってあげたいな。

そんな勇気は僕にはないけど。

 

以上の33名の作品で構成されています。

いかがでしたか?

上手く伝えられていないのがいくつもあるけど、

こればかりは実際に読んでもらわないと伝わらないと思うんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな素晴らしいものまで特典でくれて

本当にありがとうございました。

大切に保存させていただきます。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved