カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常

カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。

端末代金4年縛り問題

こんにちは。

 

新しい iPhone が発売される9月になりました。

今年は、キャリアの動きからも目が離せない年です。

 

最近、総務省からの圧力が高まっているのです。

その一つが、端末代金4年縛り問題です。(勝手に命名しています)

 

端末代金を48回払いにして、24か月間機種変更や解約をせずに契約し続けると25か月目以降から残りの端末代金を払わずに機種変更出来るというプランがあります。

このプランを利用することで、端末代金を最大半額で購入することが出来ます。

しかし、4年間契約になるので途中で解約すると解約金が必要になります。

今までは2年間契約でした。それが、4年契約になると2年も伸びることになります。

これにユーザーが他の会社に乗り換えにくくなったと総務省が問題視したのが端末代金4年縛り問題です。

 

現在、この48回払いのプランを提供しているのが auソフトバンクです。

www.au.com

www.softbank.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドコモは提供していません。

www.nttdocomo.co.jp

 

 

 

 

 

 

なぜ、このようなプランを提供することになったのか?

その理由が分割払いの審査問題です。

端末代金が10万円を超えるものを分割払いする場合、

審査が厳しくなるという問題です。

そうしなければいけない決まりになっているからです。

そうなった結果、買おうとしたのに分割払いの審査に落ちて買えなかったという人が何人も出てきました。

そうなると、販売数が落ちてしまいます。

iPhone には販売ノルマがあるのでキャリアも困ります。

そこで、解決策の一つとしてキャリアが出してきたのが、この48回払いプランです。

半額で iPhone XiPhone 8 が買えて、月々の端末代金も安く抑えられる。

という理由で契約している方も多いです。

 

ですが、総務省が NG を出しました。

その結果、この手を見直さなくてはならなくなりました。

そんな状況で今に至ります。

果たして、auソフトバンクはどう打って出るか?

ドコモさんのように従来通りの24回払いのプランに戻すのか、

それとも違う手を使うのか。

僕ら利用者に関わってくる大事な問題です。

どのような答えを出すのか。

今月の下旬までには明らかになるでしょう。

期待して答えを待ちましょう。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved