カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常

カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。

発売されてから約1年の iPhone X を使ってきて感じたこと

こんにちは。

もう1週間を切りました。

日本時間の今月13日の未明に Appleスペシャルイベントが開催されます。

例年通り次期 iPhone が発表される予定です。

既に次期 iPhone についての噂がいろいろと出てきています。

情報をまとめると、次期 iPhone は3つのモデルに分かれます。

iPhone XSiPhone XS Plus と iPhone 9 の3つになると言われています。

どれも iPhone X をベースにした後継機となる見込みです。

 

ということで、今回はベースとなる iPhone X についてです。

発売されて約1年が経ちました。

いろんな方がいろんなレビューをしていますが、

結局のところはどうなのかという話です。

 

www.apple.com

 

 

 

 

 

現在、iPhone XiPhone 8が発売されています。

iPhone 8 との大きな違いが Touch ID か Face ID かという違いです。

指紋認証の touch ID が搭載されているのが、 iPhone 8

顔認証の Face ID が搭載されているのが、iPhone X です。

最終的な判断の分かれ目ともなるのがこの違いです。

YouTuber の多くが iPhone X にせずに iPhone 8 を使っている大きな理由もこれです。

マスクをしていると、顔認証が作動出来ません。

つまり、普段マスクをしている方は iPhone X には向かないということです。

 

でも、次期 iPhone であると噂されている iPhone XSiPhone XS Plus 、iPhone 9 はどれも iPhone X の後継機なので、顔認証の Face ID しか搭載されない見込みです。

指紋認証の Touch ID は搭載されない見込みです。

普段、マスクをしている方々は諦めろということでしょうか?

一部では、画面に埋め込み型の Touch ID を開発しているとの噂もあります。

しかし、残念ながら今年には間に合わないようです。

マスクをしていても使えるようにしてくれたらいいのにと Apple さんに祈るしかないでしょう。

現実的には、iPhone 8 を使うしかないでしょう。

思い切って、Android の世界に飛び込んでみるのも手ですが。

 

そんな評判があんまり良くない Face ID ですが、

実際に使ってみると意外といいですよ。

顔認証の反応も悪くないです。

ほとんど一発で認識してくれます。

顔を認識してから画面ロックを解除するのが面倒くさいと思う人もいるでしょうが、同時にすることも出来るんです。

ロック画面を下から上にスワイプして解除しながら顔認証をすることが出来るんです。

このやり方で時々失敗することがありますが、大抵は一発で上手くいきます。

iPhone 8 などで Touch ID を使った時と比べると成功率は劣りますが、Android指紋認証と比べると大差ないです。(個人的な感想です。)

失敗するとしても10回に1回くらいなので個人的にはそんなに気になりません。

 

Face ID の凄いところと言えば、決済にも使えることです。

顔認証を搭載しているスマートフォンAndroid にもいくつかありますが、決済にも使えるのは iPhone X だけなんです。

それだけ他のメーカーよりも技術が凄いということです。

何よりも便利なのが、CM にもあるように 顔認証で自動的にサインインが出来ることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iCloud キーチェーンで今まででもログインID とパスワードを記憶しておくことは可能でした。

でも、それでも自動サインインにはなりません。最終的にログインのボタンをタップしないとログイン出来ません。

操作が必要になるわけです。

でも、それも必要なくなるんです。そう iPhone X ならね。

ログイン画面で 顔認証が自動的に立ち上がるので認証するだけ。

と言っても、iPhone Xを持ったまま何もしなくていいんです。

ほんの数秒で認証して自動的にサインインしてくれます。

これが、本当に楽なんです。

残念なのが、これに対応しているのがまだまだ少ないこと。

もっと増えてくれればいいのになと思う限りです。

 

Face ID についてこれくらいです。

iPhone X には Face ID の搭載の他に大きな特徴がもう一つあります。

それは、ホームボタンがないこと。

なので、操作方法が他の iPhone と変わってきます。

電源を切る。

スクリーンショットを取る。

ホーム画面に戻る。

コントロールセンターを呼び出す。

これらの操作が違ってきます。

バッテリーの残量の表示が出来ないので確認するには操作が必要になります。

 

 電源を切ろうと電源ボタンを長押しすると、Siri たんが出てきて呼んでないってイラつく羽目になるので、ググっておきましょう。

最初のうちは戸惑いますが、すぐに慣れます。

特にホーム画面に戻る方法。

下から上にスワイプするだけ。

iPod Touch とかでもやってしまって、ああそうだったとなってしまうぐらいに慣れちゃいます。

 

ホームボタンがない分、それだけ画面が大きくなっているのがいいですよね。

やっぱり、画面が大きいのがいい。

でも、そこまで大きくない。サイズがちょうどいい。

それが、iPhone X なんです。

 

後は、イヤホンジャックがないことぐらいですが、

これは iPhone X だけではありません。

iPhone では、 iPhone 7以降でイヤホンジャックが廃止されています。

これを気にする方も多いと思いますが、

付属品の変換ケーブルを使えば普通にイヤホンを使えます。

なので、そんなに気にすることはありません。

上記の方法では、充電しながらの使用は出来ないので、

AirPods などの選択肢もあります。

 

 iPhone X は性能が高いのもいいところです。

重くなることがまずないです。

ポケモンGo も 10秒くらいで起動します。

カメラで撮った写真もいい感じです。

バッテリーの持ちもいいです。

そこそこ使っても大抵、1日は余裕で持ちます。

 

不満なこと何かないかなと考えても出てこないです。

あるとすれば、Face ID の認識かな?

でも、そこは次期 iPhone で何等かの改善があるでしょう。

Apple さんなら何かやってくれる。

最近は、リーク通りでがっかりすることが多いのでお願いします。

サプライズ待ってます。

それでは、13日に答え合わせしましょう。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved