カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常

カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。

当サイトのプライバシーポリシーについて
https://solitude-diary.hatenablog.com/entry/2018/05/25/151514

お問合せはこちら
https://forms.gle/p5tNaaAavAQEcf8e8

人に好まれる文学作品を作りたい

こんにちは。

 

防衛省が今月16日に自衛隊イラク日報を公表しました。

その内容が、朝日新聞のサイトで公開されています。

www.asahi.com

 

これが今、読み物として面白いと話題になっています。

togetter.com

 

ということで、実際に全てのデータをダウンロードしてみました。

暇だからって、皆様は真似しない方がいいですよ。

全部で435件、約1.69GBになります。

約2時間半かかりました。

ファイルを実際に閲覧すると分かりますが、togetterの方で話題になっている日報の部分は全体のほんの一部であることが分かります。ほとんどはちゃんとした情報が色々と載っている公文書です。

そんな真面目な公文書の中に読んで面白い文学作品があるって素晴らしいくないですか?

しかも、無料で読み放題です。pdf形式ですから、自炊の手間も省いてくれているんです。

一つ一つがあまり長くなく簡潔に読みやすくなっていて、ネタ要素が入っているので読んでいて飽きない。

どのような環境で実際に自衛隊が活動しているかという現場のリアルな状況も把握することが出来る。

勉強が出来る面白い公文書なんて、他にあるでしょうか?

それが、誰でも簡単に無料でどこででも読めるんです。

凄いなと感心してしまいました。全部自衛隊の方が書いているわけです。

毎日、仕事しながら皆が楽しめる文学作品を作る。

とても、そんなこと真似出来ません。

そんな凄い能力を持った方がたくさんいるって凄さを通り越して恐ろしいとさえ思います。

僕にもそんな能力あったらいいのにな。

どうやったら、そんな能力が手に入るのかぜひ教えてください。

まずは、文書の全てに目を通すことから始めなければいけないですよね。

小さなことからコツコツと。そうやって、努力を日々重ねていかないと結果なんて出ないですよね。

今後とも精進していきますので、よろしくお願いします。

それでは、また。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved