カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常

カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。

初体験尽くしの超会議遠征奮闘記 第3話 飛行機内に持ち込めるもの

こんにちは。

 

第0話はこちら

solitude-diary.hatenablog.com

 

 第1話はこちら

solitude-diary.hatenablog.com

 

 第2話はこちら

solitude-diary.hatenablog.com

 

前回で、飛行機のチケット購入までは終わりました。

次は、荷物の準備です。

そこで、次の壁にぶち当たります。

飛行機の機内に持ち込めるものと持ち込めないものがあります。

つまり、機内に持ち込めるものと持ち込めないもの

(空港カウンターで預けなければいけないもの)

に荷物を分類しなければいけません。

 

まずは、機内持ち込みだけでなく預かりもしてくれないものです。

http://www.mlit.go.jp/common/001009916.pdf

マッチなど燃えやすい危険物などがNGです。

 

次は、預かり荷物ならばOKだけど、

機内には持ち込めないものです。

ナイフなどの刃物、先端が尖っているもの、

凶器となりえるものです。

ハサミやゴルフクラブなども該当します。

(ハサミは刃長が6cm以下で先が著しく尖っておらず、

 刃が鋭利でないものは持ち込みが可能です。

 爪切りも持込み可能です。)

 

ここまでは常識の範囲内で理解出来ますよね。

ここからが、少しややこしくなります。

ものによって、持ち込めたり持ち込めなかったりするものです。

 

・ライター類

使い捨てのガスライター、吸収剤があるオイルライターは

一人様1個まで機内に持ち込み可能です。預けることはできません。

プリミキシングライターや葉巻用ライターは

機内持ち込みも預けることも出来ません。

 

アルコール飲料

アルコール度数が24%以下なら機内に持ち込めます。

70%以下までならば、一人様5リットルまで持ち込めます。

それ以上は、預けることも出来ません。

 

・化粧品、医薬品

1容器あたり、0.5㎏以下または0.5リットル以下で、

一人様合計2㎏または2リットルまで機内に持ち込めます。

 

ヘアアイロン、ヘアカーラー

電池式で電池が取り外せないもの以外ならば、機内に持ち込めます。

 

リチウムイオン電池の電子機器

電子機器内に内蔵している電池が160Wh以下ならば持ち込めます。

予備電池は、100Wh以下ならば持ち込みのみOKです。

160Wh以下ならば、一人様2個まで持ち込みのみOKです。

それ以上は、持ち込みも出来ません。

 

*Whは、以下の計算で求めることが出来ます。

  • ワット時定格量(Wh)= 定格定量(Ah)× 定格電圧(V)

 

モバイルバッテリーもここに該当します。

しかし、ご覧の通りmAhしか情報が記載されていません。

f:id:Kuunyan_takashi:20200530151251j:plain

これは、Ankerの13000mAhのものです。

これはアウトでしょうか?セーフでしょうか?

リチウムイオン電池のモバイルバッテリーの

定格電圧は3.7Vとなっています。

よって、43243mAhまでならば160Wh以下となります。

ほとんどのものはこれ以下なので、安心して持ち込めます。

しかし、ショートを防ぐために

必ず全ての電池類やモバイルバッテリーは

ポーチなどの袋に入れて全面を保護してください。

そうしないと持ち込めません。

 

リチウム電池の電子機器

電子機器内に内蔵している電池が2g以下ならば持ち込めます。

予備電池は、2g以下ならば持ち込みのみOKです。

ショートを防ぐために必ず全ての電池類や

モバイルバッテリーはポーチなどの袋に入れて全面を保護してください。

そうしないと持ち込めません。

 

ノートパソコン、携帯電話、

デジタルカメラなどは持ち込み可能です。

預けることも可能です。電源は必ず切ってください。

 

では、カミソリはどうでしょうか?

T字は刃長が4cm以下ならば持ち込み可能です。

電気カミソリも持ち込み可能です。

傘も持ち込み可能です。(先端が鋭利でなければ)

 

はい。分かりましたか?

細かいルールとかあって、意外とややこしいですね。

次は、いよいよ最大の難関です。

それでは、また。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved